ガンの治療法

ナース

副作用がほとんどない治療

免疫細胞治療というのは、ガン治療の際に行われる治療のことです。この治療法の特徴としては、副作用がほとんどない点が大きな特徴ではないかと考えられます。副作用がある治療法の場合、健康を著しく害してしまう可能性があります。ガンが完治したとしても、体調が悪い状態が続いてしまったり、体の機能がしっかりと働かず、生活に支障をきたしてしまう可能性があります。免疫細胞治療では、体から免疫に関する細胞を取り出し、機能を高めたり、数を増やしてから体に戻します。そうすることで、体の免疫力を高め、ガン細胞を少なくしていくことができます。即効性がある治療法ではないですが、副作用がほとんどない状態で、ゆっくり治していくことができます。

様々な治療法

一般的なガン治療は、次の3つが挙げられます。まず、手術療法です。ガンに侵されている細胞を手術によって切除することにより、治す方法です。これは、切除した臓器の機能が低下したり、失われることがあります。また、手術ができない場合もあります。次に、化学療法です。抗がん剤などを投与することで、ガン細胞を死滅させたり、増殖を抑える治療法です。これは、ガン細胞以外の細胞も攻撃してしまうため、健康な細胞も死滅させてしまう可能性があり、健康を害してしまう可能性があります。そして、放射線療法です。放射線をガン細胞に照射することにより、ガン細胞を死滅させます。これは、放射線の影響で炎症や放射線障害が発生することがあります。免疫細胞治療では、このような副作用がありません。ですので、免疫細胞治療を利用する人が多いのではないでしょうか。